To top

バルアプリWeb
記事の作成者

バルアプリWeb運営

Loco Apps 竹中章洋
バルアプリWebの運営者であり、制作者でもあります。 兵庫県西宮市でソフトウェア開発事業を行っております。

小学生向けプログラミングで「ゲーム」「ロボット」以外を学びたい方

この記事は保護者の方向けです。

これからプログラミングの教育が学校でも取り入れられるにあたり、関係者の方は色々試行錯誤されていると思います。

それに先だってか、民間でロボットプログラミングの体験会が多く行われています。

確かに面白く、小学生が熱中できるように工夫されていて凄いですね。

あまり面白くないプログラミングをするより、ゲームプログラミングやロボットプログラミングを行った方が楽しいですね。

とはいえ、プログラミングとは「ゲーム」「ロボット」だけではありません。

ゲームやロボットだと、一部の興味のある子だけが習い、ゲームやロボットに興味のない子は学ぶことすらしない場合もあると思います。

ところがプログラミングを知るということは、スマホやインターネットの技術についても合わせて学んでいく必要があり、もう生活の一部としてプログラミング(いや、IT技術)の知識習得は必須なのかもしれません。

子どもの頃にできる、かんたんなプログラミング学習

1.機械を動かすなど、物を制御する事に興味があるなら

機械とは、自動車や電車などの乗り物、エアコンやDVDレコーダー、カメラなどの家電という感じで、手でさわれる『物』を自動的に動かすプログラムを行います。将来的にテレビを作りたい、自動運転に興味があるといったお子さんの場合はロボットプログラミングの体験学習に行って、ロボットの制御を学んでおくことは将来非常に役立つでしょう。家電品の制作に携わりたい方はこちらになります。

2.ゲームプログラミングに興味があるなら

ゲームと言っても、1人で作るものから、大人数をかけて作るものまで、様々な規模での開発が考えられます。スマホ向けゲームを作るのであれば、iPhoneならSwift という言語を学び、AndroidであればJavaをという言語を学びます。両方作る場合はクロスプラットフォーム・・・という辺りで、よく分からない方も多いと思います。
そもそも「言語」って何?という部分からになると思いますが、正直言いますと、何も知らない人がいきなりゲームプログラミングは無理です。まずは、プログラミングがどのようなものなのか、概要から学んで頂き、その後で「どの言語を学ぶ?」という流れになります。単純にゲーム作りを体験したい場合は、スクラッチという学習用のサイトで、ブロックを組み立てるような感じでプログラミングを学ばれると良いと思います。深く進めていくと、本当にプログラミングをするくらい高度な事も可能ですので、最初は是非スクラッチから始められると良いと思います。

3.広告やマーケティングに興味があるなら

自分のホームページを立ち上げましょう。そして、自分の作った絵や写真、文書などを公開しましょう。ただし、個人情報を載せないよう十分に注意が必要ですので、保護者の方が最終チェックしてホームページを更新されると良いと思います。ホームページを単に作成するだけであれば、プログラミングは関係ありません。しかし、動きのあるサイト(例えば時間で写真が自動で切り替わるなど)を作る場合は、プログラミングが必要になってきます。

4.事務職や自分のお店を作りたいという場合は

事務職の方(に限りませんが)は、データ入力や名簿の作成など、多くのデータを管理する場面が出てきます。そのような場合は、Excelマクロ(Excel VBA)を学んでおくと、就職した直後からかなりの効果があります。小学生にとっては興味の出ない作業かと思いますが、大学卒業までには必ず習得しておきたいプログラミングです。自分のお店を持ちたいという方も、会計や顧客リストをまとめる場合など、Excelマクロを知っていると業務効率化が行えますので、学んでおくべきプログラミングです。


もし手元にMicrosoft Excel をお持ちの場合は、「4」が最も簡単に始めることができるプログラミング学習になります。しかしながら、正直面白くないです。データ集計などには向いているのですが、動きのある楽しいものではなく、仕事で言うと業務効率を上げるために使用するもので、小学生には使う場面もなかなか無いと思います。

小学生であれば、やはり「1」「2」のロボット・ゲームプログラミングか、「3」のWebサイトの作成を行った方が良いと考えます。

ロボットプログラミングは体験学習などをされている方にお任せするとし、本サイトのプログラミング学習シリーズでは次回以降で、無料で出来るWEBプログラミングについてガッツリでは無く、夏休みの自由研究に使えるレベルでご紹介していこうと考えています。


記事の作成者

バルアプリWeb運営

Loco Apps 竹中章洋
バルアプリWebの運営者であり、制作者でもあります。 兵庫県西宮市でソフトウェア開発事業を行っております。