To top

バルアプリWeb
記事の作成者

バルアプリWeb運営

Loco Apps 竹中章洋
バルアプリWebの運営者であり、制作者でもあります。 兵庫県西宮市でソフトウェア開発事業を行っております。

甘かった!印刷物からの申し込みは非常に苦しい

20人ほどの前で、本サイト『バルアプリWeb』の立ち上げを告知し、文書とQRコードが書かれた案内チラシを配りました。

しかし残念なことに、チラシからのアクセスは0という結果に・・・(涙)

マーケティングの世界では当たり前なのですが『持ち帰って検討』というのは、ほぼアクションしてもらえません。

絶対にその場で次のアクションにつなげておく必要があります。

実際にお申し込み頂けたのは、Facebookでつながっている方でした。

Facebookやメールなどを使って「申込フォームへのリンク」を送ることで、受け取り側もFacebookやメールを見ているためリンクは押しやすい状況です。

そうすれば、次のアクション(リンクをクリックするという動作)につながりやすくなります。

セミナー講師などをしていて、紙で手渡す必要のあるケースでも、細かい字で沢山のことを書いたチラシを渡すより、アンケートなどを書いてもらってメールアドレスを取得し、後から案内のメールを送った方が良いです。

思った以上にチラシの効果は薄い。。。

直接会わない方へのチラシは効果ありそうですが、直接会っているならチラシを渡すよりメールアドレスやFacebookでのつながりを持ちましょう。

つまり、

直接会う人なら

アンケートや名刺交換などで、後から案内を送る先を教えてもらう。

直接会わない人なら

チラシを作ったり、ネットで広告を出すことを検討する。

というのが良い流れになると感じます。

とにかく、手数が増えると利用者は動いてくれない!!

ということを肝に銘じておく必要があると感じた一件でした。

裏バルアプリWebホームへ


記事の作成者

バルアプリWeb運営

Loco Apps 竹中章洋
バルアプリWebの運営者であり、制作者でもあります。 兵庫県西宮市でソフトウェア開発事業を行っております。